各種ビジネスサービス専門コンサルタント「株式会社カケハシスカイソリューションズ」では、2014年に都会の大学生が離島の島おこしに貢献する地域活性化支援事業「島おこしインターンシップ」、通称「島キャン」を開始しました。これまで、北海道・礼文島、島根県・隠岐諸島、鹿児島県・奄美群島の計10島で、合計444名の都会の大学生がインターンシップを体験しています。今回は、「島キャン」初の試み、秋田県秋田市の公立大学「国際教養大学(AIU)」との協働プログラムとして、「冬の秋田おこしインターンシップ!」を2016年2月に実施することを決定し、参加者の募集を開始しました。

 国際教養大学(AIU)は、授業をすべて英語かつ少人数制で実施し、1年間の留学義務など、独自の教育制度と就職率100%の実績で注目を集めている秋田県を代表する大学のひとつです。「冬の秋田おこしインターンシップ!」では、社会貢献・地域活性の取り組みとして島キャンに参加する都会の学生と、国際教養大学の学生が混合で3つのチームを組み、約1週間、秋田でインターンシップを体験します。

 インターンシップ先となるのは、300年以上の歴史ある酒蔵、鈴木酒造店(秋田県大仙市)、灯火をつけた紙風船が夜空を舞う伝統行事「紙風船上げ(秋田県仙北市)、国内唯一のモーグル競技W杯「FISフリースタイルスキー・ワールドカップ秋田たざわ湖大会」の3ケ所です。フリースタイルスキー・ワールドカップには、世界各国から100名以上の選手やスタッフが参加するため、英語力が必要となります。「冬の秋田おこしインターンシップ!」への参加対象は、地域活性活動に興味のある大学生・大学院生(社会人応相談)、申込みは、カケハシスカイソリューションズのホームページで受け付けており、2015年11月末締め切りです。

出典:【株式会社カケハシスカイソリューションズ】[島キャン×国際教養大学]島キャンスピンオフ・冬の秋田おこしインターンシップ!秋田県3事業所で2016年2月実施決定。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。