早稲田大学は、スマートフォンやタブレットなどの盗難や置き忘れによる情報漏洩の防止と学内外の利用者間の情報共有やコミュニティ活動の促進を目的として、学生や教職員が利用できるオンラインストレージシステム「Box(米ボックス社)」を導入しました。

 オンラインストレージとは、インターネット上でファイル保管用のディスクスペースを貸し出し、複数人でのデータのやりとりやデータの共有などを行えるサービスです。ファイルを保管することで、USBメモリなどの記憶媒体にファイルを保存して持ち運ぶ必要が無くなります。
 同大に導入にした「Box」は、全学生と全専任教職員合計約5万5千人が容量無制限で利用することができ、この容量無制限かつ全学規模での導入は米国も含め全世界で初めての試みとなります。

「Box」の特長には、容量無制限で利用できるほか、100種類以上のファイルをブラウザー上でプレビュー表示できることやクライアントアプリを使用すれば、ファイル同期できる端末が制御可能になるなど、研究などをより円滑に行うための機能を備えています。また、高度なセキュリティによってウイルス感染などによる情報流出も防ぐことができます。
同大では、「Box」を利用することで、学生や教職員が作成するレポートや研究データなどを学内外で安全に共有するだけでなく、研究成果としての貴重資料のデジタルデータの保管先や、各種システムのデータ保管先として有効活用していくことを考えています。

出典:【早稲田大学】学生・教職員間、学外とのコラボレーションと、教育研究データの安全な管理に活用

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。