金沢工業大学経営情報学科の学生が、11月15日(日)開催の金沢マラソン2015にむけてランナーに給水をする「金沢おもてなしロボット:OMOTEN」を開発。ロボットの発表会が11月2日(月)に金沢市役所で開催され、山野之義・金沢市長(金沢マラソン組織委員会会長)に披露されました。

金沢工業大学では、金沢市の連携事業の一環として金沢マラソンに対する支援事業を行っており、同大学が取り組んでいる「金沢マラソンおもてなしロボットプロジェクト」により、開発されました。 お盆型の給水ロボットが給水所テーブルの上の走行レーンを移動し、併走するランナーに給水カップを提供します。ランナーはもちろん観客も楽しめるようにと、誰でも製作できるようなキット化を目指して制作されています。

このロボットには、ランナーがスムーズに給水できるようにと、給水カップセンサー(給水カップを載せると走行開始)、走行センサー(底面のセンサーが白線を認識して走行レーンを移動、レーンから外れてもセンサーが感知してレーンに戻る)、停止センサー(カップが載っていない場合は停止線を認識して停止)、衝突回避センサー(ロボット同士の衝突を避け、一定の距離を保持)の4つのセンサーを搭載しています。 学生たちはロボットの外装にもこだわり、5種類もの外装をデザインしました。寿司やカニなどユニークなデザインが見る人を楽しませてくれます。

出典:【金沢工業大学】ロボットがランナーに給水カップを提供。金沢マラソン2015にむけて学生が開発した「金沢おもてなしロボット:OMOTEN」発表会が金沢市役所で開催されました

金沢工業大学
金沢工業大学

人や社会に役立つものを創造する「イノベーション力」を身につけます

金沢工業大学(KIT)では、ユーザーが何を必要としているのかチームで考え、アイデアをプロトタイプとして具体化し、実験・検証・評価していくプロジェクトデザイン教育を全学生対象に実施しています。世界標準の技術者教育「CDIO」を導入し、グローバル人材に期待される「[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。