城西大学は、創立50周年を記念して、紀尾井町キャンパスで「世界学長会議」を2015年11月1日に開催しました。この会議には、城西大学の森本雍憲学長、城西国際大学の柳澤伯夫の学長をはじめ、海外の提携姉妹校のうち約40校の学長や副学長らが参加しました。「グローバル社会と高等教育:新時代における日本の国際教育への提言」をテーマに、それぞれの国、大学が置かれている現状と今後の展望について意見交換が行われ、進行役は大学経営に詳しい吉武博通・筑波大学ビジネスサイエンス系教授(城西大学国際学術文化振興センター外部委員)が務め、二部構成で開かれました。

 城西大学の水田理事長は会議の冒頭で、「日本は国際協力、経済、政治では一定のレベルに達したが、残念なことに国際教育は遅れている。国際教育の推進には、海外パートナー大学との協力や情報共有が必要。教育のグローバル化に対する取り組みや課題について共有し、また我々にアドバイスをいただければうれしい」と述べ、今後の日本における国際教育の重要性を示唆。第一部では、ドイツのケルン大学、イギリスのケンブリッジ大学など全12大学の学長や副学長らがそれぞれ、自校の国際教育の取り組みや課題などを発表しました。ウッチ大学のヴォジミェルツ・ニキール学長は「1学期だけ留学生を受け入れる特別なプラグラムを作ったところ、中国から220人が来てくれた」と実践例を交えての発言、またカリフォルニア州立大学ロングビーチ校のジート・ジョシー副学長は「2020年までに留学生を2倍にするため奨学金ファンドをつくり、世界から教員をルクルートしている」と発言、そして城西大学の建学の精神「学問による人間形成」に関連し、「グローバル教育には人格形成が必要。(城西大学は)50年前から分かっておられた」と賞賛しました。第二部では、第一部の各大学の発言を踏まえて意見交換が行われました。大学は研究機関なのか、教育機関なのかというジレンマや留学生受け入れの資金調達などの学内の問題にとどまらず、国の支援の必要性や域内全体の課題を指摘する声もありました。

出典:【城西大学】学校法人城西大学 創立50周年記念「世界学長会議」が行われました

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。