山口大学は、東洋鋼鈑株式会社との共同で、乳がんや肥満などの生活習慣病に関連する女性向けの遺伝子解析キットを開発しました。この研究は、「やまぐち産業戦略研究開発等補助金」の支援を受けて行われたものです。

 今回開発された遺伝子解析キットは、乳がんや肥満、糖尿病や高血圧といった生活習慣病に関連する12種類の一塩基多型※を調べるキットです。東洋鋼鈑株式会社のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)層をもつ表面処理を特徴としたバイオチップ技術を用いたもので、対象となっている12種類の遺伝子多型を1チップで同時に高精度かつ簡便に測定できます。

今後、遺伝子解析キットは、山口大学発ベンチャーである株式会社ブラケアジェネティクスが提供する女性の健康増進 に特化した健康情報配信サービス「女性の健康度評価遺伝子検査」に使用されます。この検査は、食欲や肥満、メタボリックシンドローム、乳がん、糖尿病、高血圧などの体質に関する遺伝子を解析し、個々の利用者にあわせ、カスタマイズできるサービスです。検査に申し込むと、利用者は専用容器に自分のだ液を入れて送付し、その後、遺伝子解析され、その結果が個人用サイトで閲覧できます。1,000人規模のモニター試験を実施した後、2016年4月からサービスを開始する予定です。また、乳がんになりやすい体質であるか、普通の体質であるかを判定する山口大学医学部の特許技術“乳がんのなりやすさ遺伝子検査”も発売予定だということです。

※一塩基多型とは遺伝子を構成するDNA配列の個体差で、集団の1%以上の頻度で発生するものです。

 

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。