東北大学の阿部高明教授、岡山大学の林謙一郎教授、自治医科大学の小坂仁教授、筑波大学の中田和人教授らは難治疾患であるミトコンドリア病の進行を抑える効果がある化合物を開発しました。安全性が確認され次第ミトコンドリア病患者の治験へ入る予定です。

 ミトコンドリアは細胞内小器官の一つです。酸素を消費して細胞内でエネルギー源として使われるATPという物質を産生する工場の役割を果たしています。遺伝性のミトコンドリアの機能異常により細胞内でATPが産生されなくなる疾患がミトコンドリア病で、日本では700人ほどの患者が確認されています。幼児期から神経、筋肉、循環器、目、消化器など様々な器官に症状が現れ、進行も早い一方で有効な治療法はありません。これまでは症状が出た器官に対して対症療法を行う以外に対策がありませんでした。

 尿毒症患者の血中物質を解析していた東北大学のグループは、内因性の化合物の中にATPの産生を亢進する作用があることを発見しました。さらにどの化合物にその効果があるのかを調べるためにミトコンドリア病患者の細胞に投与したところ、MA-5 という化合物を投与した時にATPが産生されることを突き止めました。さらに細胞だけでなくミトコンドリア病のマウスに投与したところ、目に見えて延命できることも確認できました。今回の成果はこれまで治療法がなかったミトコンドリア病の治療薬につながる可能性があります。

 MA-5はすでに安全性を確認する試験に入っており、国内、国際特許の出願も完了しています。日本発の新薬として医療・医療産業の発展にも大きく貢献することになるでしょう。また、ミトコンドリアの機能異常は筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病、糖尿病などにも関わっていることから、これらの疾患に対する治療効果も期待できます。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。
記事内容等に関する問合せ・ご意見はこちらからお願いします。