佐賀大学と木村情報技術株式会社は、初期臨床研修医向けにe-Learning用の本格的な動画コンテンツの開発を目指す、「初期臨床研修医の共有研修内容とe-Learning用動画コンテンツ」に関する共同研究契約を締結しました。

 現在、初期臨床研修医を指導する「臨床研修病院・大学病院」の数は1,018か所で、初期臨床研修2年間の研修内容は、各研修病院で異なる特徴を持った研修がなされています。見方を変えると、各研修病院で利用している教育コンテンツなどはバラバラであるといえ、また、基本的な初期臨床研修内容も各研修病院で多忙な指導医が手間暇かけて作り上げている状況にあります。こうした研修病院の指導医の時間的なコストを削減および初期臨床研修医が全国的に均質な基礎的な研修を受講する必要がある現状を踏まえ、今回の共同研究では、国の研修病院などで共有できる初期臨床研修の到達目標に基づいたコンテンツ等の開発とコンテンツを活用したe-Learning環境の整備に向けた課題等を調査・研究します。

 共同研究の期間は、2016年3月末まで。e-Learning用の研修カリキュラムやコンテンツの検討とシステムの構築、全国的な普及展開方策の検討などを行います。2016年4月からは、この共同研究成果を受け、e-Learningコンテンツ作成、e-Learningシステム専用ポータルサイト構築をそれぞれ開始し、2017年の夏までに初期臨床研修医向けe-Learningシステム専用ポータルサイトを開設することを目指します。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。