芝浦工業大学は、初心者でも小説執筆時に容易にあらすじを作ることができる小説創作支援ソフトを開発しました。

 小説創作支援ソフトを開発したのは、芝浦工業大学工学部情報工学科の米村俊一教授で、認知心理学の手法とプロの小説家の助言をもとに、文章構造や語彙を可視化し、書き手が各文節の例文を選択して組み合わせるだけであらすじが“ゼロ”から創作できるシステムです。

 今回開発した小説創作支援ソフトは、2014年に米村教授が先行開発したソフトの課題“創作経験やアイデアが豊富なプロにはたやすく使えても、語彙や経験が乏しい初心者には難しい”を解決するため、「創造的活動の認知モデル(Geneplore Model)」に基づいた3つの主要機能を持たせた新システムです。3つの主要機能の一つ目は、アイデア出しを支援する「文節単位で表現を例示」。小説の中でよく用いられる表現を例文として表示し、書き手が例文を選んでいくことで文章を組み立てられるようになります。二つ目は、アイデアの洗練を支援する「あらすじの文型を表示」。あらすじを13行の“ログライン(=物語上の重要なシーンを端的に説明する短い1文)”で構成し、それぞれの文節を表示することでアイデアの洗練を支援します。三つ目は、ストーリー全体の質を高める「章構成を表示」。起承転結を色分けして明示し、ストーリーの型作りを支援します。小説の章立てと編集結果が常に反映表示されるので、あらすじ全体のバランスを確認しながら創作を進められます。

 現在も小説創作支援ソフトは改良中で公開は未定ですが、今後、スマートフォンやタブレット端末などで簡単に操作ができるよう開発し、あらすじだけでなく小説の執筆までサポートすることを目指します。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。