芝浦工業大学や産業技術大学院大学など、東京ベイエリア地区に拠点を持つ機関から成る「ベイエリアおもてなしロボット研究会」は、現在開発中のおもてなしロボット“コンシェルジュ”などをスマートフォンやICカードと連携させ、多くの人がロボットと接触することで、行動履歴を取得できる実験システムを開発しました。

 おもてなしロボット“コンシェルジュ”は、移動、音声認識、顔検出、写真撮影などの機能を搭載しています。例えば、「写真撮って」と声をかけると、撮影人数を確認し、適切な撮影距離まで自律移動、そして、「はいチーズ」のかけ声で写真を撮影し、プリントして渡すことができます。

 おもてなしロボットが開発されれば、将来、オリンピック・パラリンピック会場などで来場者対応をしながら、混雑具合や人の移動パターンを記録し、導線設計に活かすことができるほか、観光ガイドとして、旅行者の言語で対応ながら、利用者の国籍や性別、年齢層を把握し、その人の嗜好に応じたサービスの提供も可能となります。

 今回開発した実験は、3ヶ所のブースを使ったアンケート形式のスタンプラリーを通して、アンケートの集計だけでなく、巡回ルートや移動時間といった情報の収集もロボット間のネットワークの連携によって行うというものです。 今後はネットワーク化を強化しながら技術開発を行い、2016年に10数台を商業施設で、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの会場周辺で100台規模での実証実験を目指していきます。

※ベイエリアおもてなしロボット研究会とは、メンバーは芝浦工業大学・産業技術大学院大学・首都大学東京・東京都立産業技術研究センター・産業技術総合研究所・東京海洋大学。ロボットサービスイニシアチブ(RSi)が協力

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

首都大学東京は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

東京海洋大学

海洋、海事、水産分野の教育・研究を担い、国際的に活躍する産官学のリーダーを輩出する

"2003(平成15)年に東京商船大学と東京水産大学が統合して誕生した東京海洋大学は国内唯一の海洋系大学として人類社会の持続的発展に資するため、海洋を巡る学問及び科学技術に係わる基礎的、応用的教育研究を行い、また海洋分野において国際的に活躍する産官学のリーダー[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。