朝食を抜く人ほど脳卒中の発症リスクの高まることが、国立がん研究センターと大阪大学の研究チームの調査で明らかになりました。朝食を食べないと朝の血圧上昇が大きくなるためで、脳卒中リスクの上昇が確認されたのは世界で初めてとされます。

 国立がん研究センターによると、研究チームは1995年と1998年に生活習慣に関するアンケートを実施した全国8県の45~74歳の男女約8万人を、1週間に朝食を取る回数で4つのグループに分け、2010年まで追跡して脳卒中や虚血性心疾患発症との関連を調べました。

 その結果、週に朝食を取る回数が0~2回のグループでは、毎日食べるグループに比べて脳出血、くも膜下出血、脳梗塞といった脳卒中の発症が1.18倍高いことが分かりました。このうち、脳出血は1.36倍高くなっていましたが、くも膜下出血、脳梗塞、虚血性心疾患との関連は見つかりませんでした。

 脳出血で最も大きなリスクになるのは高血圧で、特に早朝の血圧上昇が大きな影響を与えると考えられています。朝食を抜くと、空腹によるストレスから血圧が上昇する一方、朝食を取ると血圧の上昇を抑えられることが分かっています。このため、研究チームは朝食を抜くことによる血圧上昇が脳出血のリスクを高めたとみています。

 朝食を抜くと肥満になりやすいことなど、さまざまなデメリットがこれまでに報告されています。研究チームは朝食の重要性が今回の調査であらためて確認できたとしています。

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。