全国で約300棟の学生寮を運営する株式会社共立メンテナンスでは、運営する学生寮「ドーミー」に居住する学生の積極性、コミュニケーション能力や協調性を養う施策の一環として2015年から「RA(レジデントアシスタント)制度(※)」を導入しています。

 RA(レジデント・アシスタント)とは、外国人留学生をはじめ、親元を離れて寮生活を送る寮生が安心して寮生活を送ることができるよう、寮生たちの生活を支援する“学生寮のリーダー”のことです。RAは、新入寮生たちが早く寮生活になじめるよう、積極的に声掛けや懇親イベントの企画、寮長寮母との橋渡し役も務めます。

 2014年に文部科学省主導のスーパーグローバル大学(SGU)制度がスタートし、各大学が国際化を加速させる中、学生の住まいのひとつとして、大学が「寮」を整備するようになりました。株式会社共立メンテナンスでは、寮を個室タイプの居室や食堂といったハード面での進化だけでなく、学生同士が刺激し合え、コミュニケーションを創出する場とするべく、RA制度を導入しました。RA制度を導入し1年がたつ2016年2月12日には、提携する中央大学、法政大学など首都圏13大学※のRAが集い成果を発表する発表会が開催されました。

※参加大学・・・駒沢女子大学・駒沢女子短期大学/桜美林大学/神田外語大学/成蹊大学/跡見学園女子大学/中央大学/東京工芸大学/日本女子大学/武蔵野美術大学/法政大学/明治学院大学/
立教大学/國學院大學/

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。