筑波大学システム情報系山際伸一准教授らの研究グループは、画像や映像、音楽といったメディアへの「嗜好度」をビッグデータとして収集し、市場に出るメディア商品がどの程度好まれるかを人工知能によって予測する技術を開発しました。さまざまな商品のマーケティング予測で利用可能としています。開発は大阪大学、BIJIN&Co.社との共同研究によるものです。

これまで嗜好の定義は曖昧であったため、研究グループはビッグデータの収集により嗜好を定義する人工知能技術を開発しました。この技術では、まず既存のメディアに関する嗜好を、市場を通じて多くの人から「好き」と「そうでない」の2値で判断してもらい、その統計データ(嗜好ビッグデータ)から嗜好度ランキングを作成。次に、市場に投入予定の商品とデータ中のメディアとを比較し、類似度が高いメディアのランクから市場で受け入れられる可能性を人工知能が予測するというものです。これにより、収集したビッグデータからデザインやメロディなど定義の難しい嗜好の定義や、意匠権や著作権に関わる情報漏洩のリスクを伴わない事前のマーケティング調査が可能となります。さらに、時期や地域などの属性値を用いて、時代の変遷、地域や国の違いによって変化する嗜好も予測できるとしています。

 この新しい情報通信技術により、「最も売れる自動車の形状」、「最も好まれる音」、「最も嫌いな虫」など、「売れる」「売れない」の判別を含めた、市場での多様な嗜好の予測に応用可能であるとしています。現在、定義の難しい「美人」を定義する試みとして、モバイル用アプリ「美人科学研究所」がBIJIN&Co.社よりリリースされ、実験が開始されるとのことです。

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。