横浜市立大学大学院医学研究科の梁明秀教授と茨城大学農学部の鈴木義人教授らが、がん幹細胞の増殖を抑える新しい化合物を漢方薬の原料であるトチュウ緑葉の成分中に発見しました。がん幹細胞は既存の抗がん剤が効かず、がんの転移や再発の原因になっているだけに、新たな薬剤開発に道を開くと期待を集めそうです。

 横浜市立大学によると、梁教授らはがん幹細胞の増殖や自己複製を阻害する物質を、市販されているトチュウ緑葉の粉末成分から見つけました。iPS細胞技術を使って作製した人のがん幹細胞に与えたところ、強く増殖を抑える結果を示しました。
梁教授らはトチュウ緑葉に含まれる抗がん幹細胞増殖抑制因子をユーコミシンAと命名しました。この化合物はその後、トチュウの生葉からも見つかり、新しい天然化合物であることが分かっています。

 トチュウは中国原産の落葉高木で、樹皮が漢方薬、葉がお茶に利用されます。トチュウに含まれるイリドイドやフラボノイドには、腫瘍の抑制に効果があるとの報告も出ています。

 がん幹細胞は腫瘍組織にわずかしか存在しませんが、自己複製能力を持つとともに、正常な組織に移入されると、元の腫瘍と同様の腫瘍組織を生み出す機能を持っています。しかし、抗がん剤が効かないことから、再発や転移の原因となり、増殖抑制方法の確立が急務となっていました。研究成果は学術誌「フィトケミストリー」2月号に掲載されました。

茨城大学

茨城の地に根ざし、持続可能な社会に貢献し、優れた人材を輩出し続けることを目標とします。

茨城大学は、1949(昭和24)年に水戸高等学校、茨城師範学校、茨城青年師範学校、多賀工業専門学校を統合し設立されました。地域に根差ざした総合大学として、地域の教育、研究、芸術、文化、産業の振興に寄与し、地域社会、国際社会に有為な人材を輩出し続けることを目的と[…]

横浜市立大学

横浜における知識基盤社会の都市社会インフラとして、教育研究と医療の拠点機能を担う。

横浜市立大学は1882(明治15)年に設立された横浜商法学校が前身となっています。横浜市立大学として教育、研究、医療の知的創造拠点としての役割において横浜の発展に寄与することを目指し、なおかつ優秀なグローバル人材や先端研究の成果と高度医療を横浜から世界へ発信す[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。