長岡科学技術大学の協力でNEC(日本電気株式会社)は、人間の耳穴の形状によって決まる音の反響を用いた新たなバイオメトリクス個人認証技術を開発しました。

 この新技術は、マイクロホン一体型イヤホンを耳に装着し、耳の穴で反響したイヤホンの音をマイクから収集することで、個人特有の耳の形状によって決まる音響特性を1秒程度で瞬時に測定することができます。この音響特性から個人の判別に有効な特徴量を抽出する独自技術によって高速かつ認証率99%以上の高精度な認証を実現できます。

 従来の指紋や顔などのバイオメトリクス(生体情報)を用いた個人認証技術は、パスワードや鍵と比べ、漏えいや盗難のリスクが小さいうえ、忘れたり紛失したりしないという利点があります。今回開発した技術は、その利点に加え、認証を行う際、認証用機器に体の一部をかざすなどの動作が不要で、マイクロホン一体型イヤホンを装着し音を聞くような利用者に負担をかけない自然な動作で常時認証することができる新しいバイオメトリクス認証技術です。移動や作業をしながらでも個人認証が可能で、秘匿性を守ることができるなど、バイオメトリクス認証の活用の幅を広げる可能性を秘めています。

 今後、この新技術を重要インフラ施設の保守・管理や警備など安全・安心に関わる業務での“なりすまし防止”や無線通信・通話内容の秘密保持、医療現場など移動中や作業中の認証、さらに特定の人向けや特定の場面での音声ガイドサービスなどへの応用を視野に2018年度中の実用化を目指します。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。