愛知教育大学、北海道教育大学などで構成される「HATO・教員の魅力プロジェクト」は、全国の教員を対象に教員の仕事の実態や魅力を調査し、その結果を公表しました。

 「HATO・教員の魅力プロジェクト」とは、北海道教育大学、愛知教育大学、東京学芸大学、大阪教育大学が文部科学省の助成を受けて2014年に発足したプロジェクトです。調査は、教員の仕事の実態、教員の仕事の魅力や悩み、学校教育などに関する意識などを調査することを目的に、全国の小学校・中学校・高校それぞれ540校を無作為抽出し、学校経由で1校につき教員6名分の調査票を配布し、回収しました。(調査時期は2015年8月中旬~2015年9月中旬)

 調査によると、教員の平日の学校での仕事時間は、中学校教員がもっとも長く平均約11時間半。平日家でも仕事をしているのは、小学校教員では8割以上、中学校・高校教員では7割前後。平日の睡眠時間は、小学校・中学校・高校教員とも平均で5時間台でした。教員の仕事の魅力と悩みについては、8~9割台の教員が、「子どもの成長にかかわることができる」「同僚の教員から学ぶことが多い」「仕事を通じ
て自分が成長している」など、仕事を通じて子どもや自分の成長を感じ、8割以上が「今の仕事は楽しい」と回答。その一方で、「授業の準備をする時間が足りない」「仕事に追われて生活のゆとりがない」といった時間の悩みや「校務分掌の仕事」の負担を感じている教員は6~9割台、「仕事に自信が持てない」と感じている教員は4割前後いました。

 教育改革や取り組みで「アクティブ・ラーニングの推進」は賛成が8割以上。「教育委員会制度の改革」については、2割台の教員が「内容がわからない」と回答。中でも小学校教員は中学校・高校教員に比べて「内容がわからない」と回答する割合が高い結果となりました。

参考:【ベネッセ教育総合研究所】教員養成ルネッサンス・HATOプロジェクト特別プロジェクト 教員の魅力プロジェクト

大阪教育大学

140年を超える歴史と伝統を有する我が国有数の教育大学。

実践的な教職能力を養う優れた教員養成を推進し、豊かな教職能力を持って教育現場を担える学校教員を育成します。また、学術と芸術と多様な専門分野で総合性の高い教育を推進し、高い専門的要素と幅広い教養をもって様々な職業分野を担える人材の育成を目指します。[…]

東京学芸大学

幼稚園から大学まで有為の教育者の養成を目指した、教員養成の伝統大学。

東京学芸大学は、1949(昭和24)年に東京にある東京第一師範学校,東京第二師範学校,東京第三師範学校,東京青年師範学校の4つの師範学校を統合して創設されました。単科大学ではありますが、幼稚園から大学までの幅広い教員養成を目的とし、扱う領域は人文、社会、自然、[…]

愛知教育大学

21世紀型のリーダーシップを発揮し、教員養成を主軸としたグローバルな教育大学づくりを目指す。

教養教育を重視し、教員養成諸課程では多様なプログラムを通して、平和な未来を築く子どもたちの教育を担う優れた教員を、学芸諸課程では、社会の発展と文化の継承及び創造に貢献できる広い教養と深い専門的能力を持った多様な社会人の育成を目指します。 人類の平和で豊かな未[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。