鳥取大学農学部・東和生助教、工学部・伊福伸介准教授らの研究グループは、カニ・エビ殻を原料とする極細繊維「キチンナノファイバー(キチンNF)」の塗布がアトピー性皮膚炎の進行抑制に効果があることを発表しました。

 カニの水揚げが全国トップクラスの鳥取県では、カニを食した際のカニの殻の有効利用が課題となってきました。鳥取大学の研究グループはこれまで廃棄物となってきたカニ殻から主成分である「キチン」をナノファイバーとして取り出した「キチンNF」を開発し、塗布することでアトピー性皮膚炎の症状の進行が抑えられ、かつ皮膚の炎症の進行も抑えることを確認しました。

 研究では、アトピー性皮膚炎モデル動物に「キチンNF」塗布すると、炎症などの免疫反応において中心的役割を果たす転写因子「NF-κB※」の働きが抑制され、血液中の「免疫グロブリンE(IgE)※」濃度を減少させることがわかりました。一方で、従来の「キチン」には、それらの効果は認められず、幅が約10ナノメートルのナノファイバー(極細繊維)にすることで、皮膚のバリア機能の維持を可能にしていると考えられています。

 今後、研究グループは、「キチンNF」の実際の使用に向けた研究を行い、アトピー性皮膚炎の予防や治療などへの応用を目指します。なお、この研究成果は、オンライン科学誌「Carbohydrate Polymers」で公表されています。

※NF-κBとは、ストレスや紫外線等の刺激により活性化され、アトピー性皮膚炎などの炎症やガンとの関連が明らかとなっています。
※免疫グロブリンEとは、アレルギー疾患を持つ患者の血液中で濃度が上昇し、かゆみ物質などの急速な放出を促します。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。