「寿命が縮んでもいいから最期は自宅で」と考える末期がん患者が多い中、自宅へ戻った方が寿命を延ばすかもしれないという研究結果が、筑波大学、神戸大学の研究チームによりまとまりました。研究結果は米がん協会の論文誌「キャンサー」電子版で公開されました。

 筑波大学によると、調査に当たったのは、筑波大学医学医療系の浜野淳講師、神戸大学医学部付属病院の山口崇特定助教らのグループ。浜野講師らは2012年9月から2014年4月にかけ、国内58の緩和ケア病棟に入院するか、在宅緩和ケアを受けた末期がん患者2,069人を対象に、生存期間に違いがあるかどうか調べました。

 その結果、死亡までの期間が短い人は自宅にいる方が長く生存したのに対し、死亡までの期間が長い人は大きな差が出ませんでした。自宅で最期を迎えた場合、点滴や抗生剤投与など医療行為が少なかったことも分かりました。

 しかし、今回の調査では医療行為のすべてが記録されているわけでないほか、在宅ケアを受ける患者と緩和ケア病棟に入る患者の病状に差がある可能性を排除していないことから、在宅ケアが長生きと断言できるものではないとしています。ただ、退院して自宅で最期を迎える末期がん患者に対し、生存期間を縮めると心配する臨床医や家族に対し「最期を迎える場所によって生存期間が短くなる可能性は低い」と説明することはできそうです。

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。