名古屋大学とトヨタ自動車系のトヨタ・モビリティ基金(東京、豊田章男理事長)は、過疎地に住む高齢者らに新たな移動手段を提供するための共同研究契約を締結した。タクシーやマイカーへの相乗り、自動運転車の導入を計画しており、愛知県豊田市で実証実験に入る。

 トヨタ自動車によると、契約期間は3年間で、研究費3億6,000万円をトヨタ・モビリティ基金が支援し、多様な移動手段、人感センサーによる健康見守り、中山間地域に適した超小型モビリティ(注)などを研究する。東京大学、豊田市、足助病院などが協力団体に加わり、共同研究を支援する。

 実験場所となる愛知県豊田市の足助地区は、人口約8,000人のうち、半数近くを高齢者が占めるが、週1日運行のコミニティーバスしか公共交通機関がない場所がある。名古屋大学は住民がスマートフォンやタブレットでマイカーへの相乗りを手配できるシステムを開発、1月から約10世帯を対象に試験運用してきた。共同研究期間中は対象を200世帯前後に増やす一方、乗り合いタクシーの活用、1~2人乗りの電気自動車からバスに乗り換える方式、自動運転車の導入も視野に入れ、高齢化が進む地域で住民の足となる公共交通の新しいモデルを探る。

 トヨタ自動車社長でもある豊田章男トヨタ・モビリティ基金理事長は「中山間地域の高齢者に自由に移動する喜びを感じてもらい、このモデルの普及を中山間地域の活性化につなげたい」としている。

(注)モビリティ 移動性や動きやすさを意味する英単語で、人間を主役として交通を考える意味で使われることが多い。

名古屋大学
pixta_16142195_M

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。