大阪大学大学院医学系研究科、大阪大学医学部付属病院、株式会社電通は、2016年4月12日、「研究・事業化連携の推進に関する協定書」を締結した。この締結により、産学連携での健康・医療分野のイノベーションを推進していく。

 両者が産学連携で実施していく内容は、主にビッグデータ、モノのインターネットである「IoT」を活用したヘルスケア領域での研究推進および事業化支援や実証事業、健康寿命延伸に寄与する健康・スポーツ医科学に関する共同研究、研究成果の社会への発信など。

 大阪大学のある関西地域は健康・医療分野の国家戦略特区に指定され、重層的なイノベーション創発への取り組みが期待されているエリア。その中で大阪大学は再生医療や医療機器開発、スポーツ分野での先進的な研究を実施するとともに、大阪大学医学部付属病院は国立大学附属病院で国内唯一の国家戦略特区内臨床研究中核病院としてイノベーション活動を行っている。今回の電通との締結もこの取り組みの一環。

大阪大学
大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。