金沢工業大学(石川県野々市)と金沢市が連携して作成を進めてきた金沢建築散策マップ「カナザワケンチクサンポ」の第5弾が2016年4月に発刊された。金沢市では5,000部を印刷し、プロモーション事業に活用するほか、金沢駅の観光案内所にも配置するという。

 この散策マップは同大学の建築系学生が作成したもので、同市との連携事業「金沢の建築文化発信事業」の一環として2012年度よりスタート。宮下智裕准教授(環境・建築学部建築デザイン学科)研究室の学生たちが中心となって取材・制作に取り組んだ。内容は「学生ならではの視点で金沢を見つめなおし、新たな発見を重ねる小さい旅行」をコンセプトに、金沢の街中に多数存在している伝統的なまちなみや建造物、現代建築について学生視点でオススメの散策コースを紹介。

 今回の第5弾では、近江町を起点として尾張町界隈を巡るルートと、橋場町交差点から主計町を巡り金沢城へ至るルートを設定。また、“ピックアップ建築”と称し、「江戸建築」の代表として武家屋敷寺島蔵人邸を、「明治建築」としては黒門前緑地の旧高峰家を、さらに「昭和ロマン」と題して金沢文芸館などに焦点を当て、歴史が積層する金沢の特長を建築の視点から紹介している。

 金沢市のホームページでは、この散策マップの内容を紹介するコーナーを作成し、第1弾と第2弾の散策ルートや“ピックアップ建築”の内容などを公開している。

金沢工業大学

人や社会に役立つものを創造する「イノベーション力」を身につけます

金沢工業大学(KIT)では、ユーザーが何を必要としているのかチームで考え、アイデアをプロトタイプとして具体化し、実験・検証・評価していくプロジェクトデザイン教育を全学生対象に実施しています。世界標準の技術者教育「CDIO」を導入し、グローバル人材に期待される「[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。