京都大学大学院薬学研究科の石濱泰教授らは、プロテオーム統合データベースjPOSTを開発し、全世界に向けて公開した。本データベースは、京都大学を中心とし熊本大学、九州大学、新潟大学、情報・システム研究機構、科学技術振興機構(JST)を含むオールジャパン体制による開発だ。

 プロテオームは「発現しているすべてのタンパク質」を意味し、「生命活動を直接担う」分子群であることから、創薬分野を中心に大きな注目を集め、さまざまな大型国際研究が行われてきた。プロテオームデータは、データベースの形で欧米を中心に各地で蓄積され、国際連携が進んでいるが、これまで、日本には同様のデータベースが存在せず、国産のデータを海外のデータベースに登録せざるを得なかったという。
 
 今回開発したjPOSTデータリポジトリシステム(リポジトリはデータの一元的な貯蔵庫のこと)は、国内外に散在している種々のプロテオームデータを標準化・統合化・一元管理したものだ。本システムでは、多彩な生物種(ヒト、動物、植物、酵母、細菌など)、翻訳後修飾(リン酸化など)および絶対発現量情報を付加した、世界初の横断的プロテオーム統合データベースの構築を行っているとのこと。

 jPOSTは、アジア・オセアニア地域における初めての国際標準プロテオームデータリポジトリであり、2016年度国際ヒトプロテオーム機構・プロテオミクス標準化構想会議(ベルギー)において、国際標準のデータリポジトリシステムを提供するProteomeXchangeコンソーシアム(PXC)への加盟が宣言された。今後、アジアを中心に世界中のプロテオームデータをjPOSTに収集することが可能になるとしている。

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。