東北大学、京都大学、東京大学は、国際共同研究によりニュージーランドの北島東方沖の沈み込み帯で発生するスロースリップの観測に成功。研究成果を米国科学誌「Science」に発表した。

 スロースリップとは通常の地震より遅い断層すべり速度で歪を解放する「ゆっくり地震」の一種。東北地方太平洋沖地震の直前にも観測され、本震時にスロースリップ域が大きくずれ動くことで、甚大な津波被害の一因にもなった。ただ、スロースリップのすべり域の大半は海底下にあるため、詳細については不明な点が多かった。

 ニュージーランド北島東方沖の「ヒクランギ沈み込み帯」では、年3~6cmの速度で太平洋プレートがオーストラリアプレートの下に沈み込み、プレートの境界付近ではスロースリップが18~24ヶ月周期で発生している。スロースリップによる地殻変動は、これまではニュージーランドの陸上で観測されており、地殻変動量は1~3cm程度、1週間ほど継続することが分かっている。

 今回日本・アメリカ・ニュージーランドによる国際共同研究では、この海域で海底圧力計を2014年に設置、2015年に回収に成功。解析したところ、地上での推定より浅い部分までスロースリップの断層が分布していることがわかった。これまで歪を蓄積できないとされていたプレート境界においても地震を起こす歪が蓄積されている可能性を示唆するものだ。

 今後は同様の圧力観測を継続しつつ、定常的なプレートの動きを調べるために海底GPS観測も行い、繰り返し発生するスロースリップの固有性を検証する予定。また今回の海域では、地球深部探査船「ちきゅう」による掘削も検討されている。スロースリップの断層物質を取得し、陸上と海底それぞれの観測から得られる知見と併せて、メカニズムの全容解明をめざすという。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。