上智大学では、G7 伊勢志摩サミットに先立つ2016年5月16日から21日までの期間を「Sophia Thinking of the World and Future Pre G7Week~G7を前に世界とその未来を上智大学で考える1週間~」と位置づけ、G7伊勢志摩サミットの関連会合により来日する要人を上智大学に招いたシンポジウムや世界の諸問題を議論する学生サミットなどを実施する。

 「Sophia Thinking of the World and Future Pre G7Week」で予定されているイベントは3つ。2015年5月17日は、小池百合子衆議院議員やGlobal Partnership for Education のCEOであるMs.Alice Albrightらを招き、教育による女子・女性のエンパワーメントをテーマにした国際シンポジウムを開催する。

 18日に開催するのは上智大学で学ぶG7メンバー各国の出身留学生を中心とした学生サミット。統括するのは上智大学国際戦略顧問の藤崎一郎特別招聘教授(前米国駐箚特命全権大使)。外交官時代の経験や実際のサミットの議論も交えながら、実践的な議論の場を創出する。

20日は、EUの高等教育担当事務次官やトロント大学の高等教育研究者ジェーン・ナイト教授を招聘した国際高等教育のシンポジウム。高等教育の国際化に伴い、学生、研究者、さらに教育研究機関そのものが国境を越えて移動するようになっている「アカデミック・モビリティ」をめぐる各国の政策の取り組み、競争と協力のもとに展開される国際高等教育の可能性と政策課題について議論する。

各イベントとも一般の観覧が可能だが、上智大学のホームページから事前申込が必要。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。