京都大学、熊本大学、株式会社NTTデータMSEおよび株式会社NTTドコモは、着用することで心拍などの生体情報を取得できる機能素材「hitoeウェア」を活用したドライバー向け眠気検知システムを共同開発。2016年5月10日から運送会社協力のもと、実証実験を開始した。

 NTTデータMSEは、京都大学、熊本大学が新たに開発した「眠気検知アルゴリズム」を実装したスマートフォン向け専用アプリを開発。その専用アプリをインストールしたスマートフォンに、hitoeウェアおよびドコモが開発した「hitoeトランスミッター」の取得した心拍データを送信することで、夜間や長時間運転をするドライバーの眠気を検知し、ドライバーや管理者にアラート通知するというシステム。

 京都大学と熊本大学が共同開発した「眠気検知アルゴリズム」は、覚醒時の心拍パターンを正常として、多変量統計的プロセス管理(MSPC)という工学的手法と心拍間隔の平均など8種類の心拍変動指標を用い、正常時の心拍パターンとの差から眠気を判断するアルゴリズムのこと。

 将来的には、取得した心拍データをクラウド上に蓄積し、管理者が過去の心拍データとの比較や傾向を把握する機能の追加や、車載器等から取得した白線逸脱や車の揺れなどの操作情報と心拍変動指標を連携させた統合的なデータを解析するアルゴリズムを新たに開発することで、さらにドライバーや管理者をサポートできる仕組みを目指す。

京都大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。