金沢医科大学とイーライリリー・アンド・カンパニー(本社:米国インディアナポリス)は、2016年4月27日に難治性胃がんの新しい治療法に関する共同研究契約を締結した。金沢医科大学 腫瘍内科学講座 安本和生特任教授とイーライリリーとの共同研究では、現在、効果的な治療法がない難治性胃がんであるびまん性胃がんを対象とした研究を行う。

 金沢医科大学はこれまでの研究で、複数のびまん性胃がんの動物モデルから治療に結びつく新たながんの発症進展機構を解明。イーライリリーとの共同研究で、同社の臨床化合物の有効性を確認し、難治性胃がん新規治療法の早期具現化につなげる予定。

 イーライリリーは2015年9月、日本国内に焦点を当てた創薬共同研究のマッチングイベントを開催。がんなど5領域で創薬シーズを募集し、「ファースト・イン・クラスになり得ること」、「実証されたモデル系を持ち、何らかのヒットもしくはリード候補品があればなお望ましい」という条件にマッチした金沢医科大学と共同研究契約の締結に向けて協議してきた。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。