京都大学は、2016年5月13日に中高生を対象としたゲーム型サイト「探検!京都大学」のモバイル版を開設。見やすさ、使いやすさといった常識を破って、「めんどくさい」ことだけを追求した今までにない新感覚のゲーム型サイトだという。

 「探検!京都大学」は、2014年の山極総長就任を機に開始した「主体的に仕掛けるブランド戦略」の一環として、2015年に「京大らしい個性」を打ち出すために開設した特設サイト。京都大学が創立以来大事にしてきた「回り道」の精神から着想を得、「めんどくさいことを楽しめるユーモアこそが将来イノベーションを起こす人材に必要な素質のひとつ」であるという考えに基づき制作された。

 今回開設したモバイル版には、スゴロク形式のゲームが登場。京都大学に実在する建物、学生、研究者、研究ストーリーをモデルに「惑星 京都大学」内を、「いかにも京大生」になりきって楽しむことができる。プレイヤーは、次々登場する「マニアックなクイズ」や「こじらせ系のキャラクター」「防ぎようもないトラップ」といった「めんどくさい」仕掛けを乗り越え、クリアを目指す。

 京都大学では、この「めんどくさい」ゲームを通じ、京都大学を紹介するだけでなく、すぐに答えが見つからない“めんどくささの楽しさ”を伝えたいと考えている。

参考:【京都大学】探検!京都大学 モバイル版

京都大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。