地震などで倒壊した建物の下に取り残された生存者の小さな声を聞き分けるヘビ型ロボットが、京都大学や東北大学などの研究グループによって開発された。首都直下型地震や南海トラフ巨大地震など近い将来の発生が心配される災害救助で大いに役立ちそうだ。

 京都大学によると、このロボットは長さ約10メートルのホース型。先端部に能動スコープカメラが取り付けられ、数センチの狭いすき間に侵入できるうえ、がれき内の状態を見極めながらヘビのように進むことができる。特殊な超小型マイクも複数装着し、最新の音声抽出、強調技術を用いて騒々しい捜索現場でも生存者が発する小さな声を聞き分けられるようにしている。

 災害で倒壊した建物の捜索現場では、騒音で生存者の声がかき消されることが多かった。ロボットを使用するとしても、ロボットの振動に伴って発生するノイズが生存者捜索の邪魔になることが予測されていた。研究グループが熊本地震の現地調査に基づき、倒壊家屋のがれきを再現して調べたところ、実際に非常に小さい声を拾うことができたという。

 災害現場では生存者を発見するめどが一般に72時間以内といわれている。研究グループは今後も性能の向上を図り、災害救助システムとしての実用化を目指していく。この研究は内閣府総合科学技術・イノベーション会議の革新的研究開発推進プログラムの一環で進められ、京都大学、東北大学のほか、東京大学、筑波大学、早稲田大学、国立情報学研究所なども加わっている。

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。