首都大学東京と東京大学の共同開発した旅行プラン作成ツール「CT-Planner」の特別版が、JR東海の観光キャンペーンサイト「Japan Highlights Travel」に導入された。地図を見ながら散策プランを立てられるもので、夏休みに合わせて街歩きコースを提案する新機能として搭載された。

 「Japan Highlights Travel」(http://japan-highlightstravel.com/jp/)とは、東海道新幹線開業50周年となった2014年から展開するJR東海の観光キャンペーン。歴史や文化、自然など日本を代表する観光資源があつまる「東海道」への観光誘客を目的としてサイト上で地域の魅力を紹介、観光情報を検索できるツールや動画、絶景の写真など、さまざまなコンテンツを取り揃えている。

 今回導入された「CT-Planner」は、首都大学東京都市環境学部・倉田陽平研究室(自然・文化ツーリズムコース)と東京大学人工物工学研究センター・原辰徳研究室が共同で開発したもの。
旅行の「好み・スタイル」からつくるか、行きたい「観光スポット」からつくるか選択し、起点となる駅などを設定するとベースとなるプランが画面に表示される。観光対象エリアは東海道沿いの三島・静岡・浜松(6月末に小田原・箱根も追加予定)。ベースのプランを眺めながら、日程や歩く速度などの条件、追加したい観光スポット、さらにはエンタメ・教養・ショッピング・自然などのテーマを設定してオリジナルのプランを作成できる。行きたい曜日や出発時刻を設定すると観光施設などの開・閉館時間も反映してくれるのが特徴だ。作成結果は保存でき、印刷したりスマートフォンに転送することも可能だ。

 CT-Plannerは、日本語では国内43地域、英語では国内15地域に対応(2016年6月現在)。今後は対応地域の拡充を進めるとともに、中国語(繁体・簡体)、韓国語のコンテンツについても準備を進めている。

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

首都大学東京は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。