東京福祉大学では、2017年度より奨学金制度を大幅に拡大することを発表した。

 東京福祉大学が、2017年4月入学生を対象に、2017年度から導入する奨学金制度は2つ。ひとつは、「Special奨学生入試」。これは、学生への経済的な援助だけでなく、将来社会で活躍できる優秀な人材の養成をめざすことを目的としている制度。

 AO入試・推薦入試・一般教科型(一般入試)のそれぞれにSpecial奨学生枠が設けられ、上位合格者の授業料・施設設備費が4年間(112万5000円×4年間=450万円)免除される。返還不要で、採用予定数は50名。Special奨学生はハーバード大学でのアメリカ夏期短期研修や韓国秋期短期留学、ベトナム冬期短期留学に通常の費用の半額で参加することもできる。

 ふたつめの「入学前予約型奨学金制度」は、年間授業料の半額相当402,500円が4年間免除される制度。返済不要で、採用予定数は20名。申請資格は以下のとおり。
・東京福祉大学への入学を強く希望し、2017年度の入学試験(AO入試1期、推薦入試1期、指定校推薦入試1期、一般入試)を受験する者(短期大学部除く)。
・出願者世帯の2015年(2015年1月~2015年12月)の年間収入を合算した金額が500万円以下(給与・年金収入金額)であり、当該事実を証明できる公的書類を提出できる者。
・入学後、将来の目標に向けて勉学に励み、学内行事への参加や在学生スタッフとしての協力を惜しまない者。

 「入学前予約型奨学金制度」の申請期間は、AO入試1期、推薦入試1期、指定校推薦入試1期出願予定者2016年7月1日~8日(必着)、一般入試出願予定者、2016年年12月1日~8日(必着)となっている。

東京福祉大学
東京福祉大学

アクティブ・ラーニングで楽しく学べる!学生参加型の授業で力を伸ばす。

本学では2000年の開学当初よりアクティブ・ラーニングを実践しています。授業は学生参加型・対話型のスタイルが中心。各学部の教育目標に沿った知識を分かりやすく学ぶことができます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。