滋賀大学は、2017年度から国内初のデータサイエンス学部を発足させるのに先立ち、データサイエンスに関する先端的教育研究活動を推進する、データサイエンス教育研究センターの開設式典を開いた。

 同校で開かれた開設式典には、大学、文部科学省関係者ら約60人が出席。位田隆一学長のあいさつに続き、記念セミナーとして竹村彰通データサイエンス教育研究センター長が「日本のデータサイエンス分野のトップブランド-滋賀大学の戦略」と題して講演、データサイエンスの意義やデータサイエンス学部の今後の展開を説明した。続いて位田学長、池永肇恵滋賀県副知事、小出英樹彦根商工会議所会頭らがテープカットしてセンターの開設を祝った。

 滋賀大学データサイエンス学部は2017年4月に開設を予定している。定員は100人。蓄積されたビッグデータを加工、整理し、それを解析してデータに含まれるヒントを見える化、社会問題の解決につなげる学問とデータサイエンスを位置づけている。
学生は統計学や人工知能、機械学習、画像情報処理などを学び、1年生から官公庁や企業、研究機関と連携した実習で現場の発想や課題解決方法を学ぶ。3~4年生では実社会のフィールドでデータを使った課題解決に挑戦する。
養成するのは文理両面の知識を備えたデータサイエンティストで、社会調査士、情報処理技術者などの資格を取得することもできる。

関連記事:滋賀大学のデータサイエンス学部設置に国の補助金

滋賀大学

豊かな人間性とグローバルな視野を備えた専門性の高い職業人の養成と、創造的な学術研究への挑戦を通して、人類と社会の持続可能な発展に貢献する。

学生の主体性を尊重しつつ、幅広い教養と高度な専門知識を育む教育を追求します。滋賀の歴史と文化の継承と発展、及び琵琶湖を起点とする自然環境の保全を実現する特色ある教育を追究します。また、グローバルな視野を育て、国際理解を深める教育の充実に努めます。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。