東京大学発のベンチャー企業パークシャテクノロジー(東京、上野山勝也社長)は、ノーリツ鋼機グループのドクターネット(東京、森脇博信社長)と医療画像診断技術の開発と事業化で事業提携契約を結んだ。

 ノーリツ鋼機によると、両社はドクターネットが持つアジア最大級の画像診断レポートデータベースと、パークシャテクノロジーのディープラーニング技術を組み合わせ、レントゲン検査、CT検査及びMRI検査における画像診断アルゴリズムを設計。人工知能分野の技術を生かした診断アシストツールを開発、事業化する。

 両社はこれまで1年間を超す共同研究を続けてきたが、今後は全国の放射線科医師の知識を集約、抽出することで、医療画像診断の品質を向上させる。診断ツールは国内で質の高い診断レポートを速やかに患者へ提供するとともに、海外での遠隔読影事業の展開につなげる。

 ドクターネットは1990年代後半に放射線科医師が全国的に不足する中、米国で一般的になりつつあった遠隔読影システムを日本向けに開発、サービス展開をしてきた。パークシャテクノロジーは日本の人工知能研究の権威である東京大学松尾研究室から生まれたベンチャー企業で、自然言語処理、深層学習技術を用いたシステムをスマートフォンや医療機器向けに提供している。

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。