東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻卒業生の木村翼さんが2016年8月2日付けで、株式会社ソラシドエアの機長(ボーイング737?800型)に昇格した。航空操縦学専攻の卒業生で機長に昇格したのは木村さんが初めてで、日本の大学の操縦士養成機関の卒業生としても初めてのこととなる。

 木村さんは、2006年に東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻の1期生として入学。卒業後、ソラシドエアに入社し、副操縦士として九州・沖縄を中心とした路線でフライト経験を重ねてきた。

 副操縦士として約5,000時間のフライトを経験しながら、機長昇格の社内選抜試験を見事クリア。2015年から定期運送用操縦士技能証明取得訓練及び機長昇格訓練に入り、2016年7月26日に航空局の機長路線認定審査に合格した。

 2016年8月2日にソラシドエアの運航本部で行われた辞令交付を受け、機長の証である4本線の入った肩章を授与された。その後、木村さんは機長として初のフライト先となる羽田-熊本間ソラシドエア15便の運航準備に取りかかり、同じく航空操縦学専攻1期生の瀧本孝二副操縦士やキャビンアテンダントとのブリーフィングを実施。木村さんの両親を含む150名の搭乗客を乗せて、羽田空港を飛び立たった。

 木村さんは、「東海大学では、1年半のアメリカ留学中に仲間と寮生活をしながら苦楽をともにする中で、周囲の人と協力することの大切さを学び、卒業研究を通して一つのことを突き詰めて調べ考える貴重な経験を積むことができました。その力は、どれも仕事をする上で欠かせないことだったと実感しています。大学で知り合った仲間は今も互いに刺激し合う友人となっており、両親をはじめ彼らの支えがあったからこそ、今の自分があると感じています。これからは機長として、ともに運航に携わるスタッフがチームとして最大限に力を発揮できるよう心がけていきたいと思います」と、機長となった喜びと抱負を語った。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。