近畿大学とエースコック株式会社は、2016年8月22~29日の8日間、ベトナム・ホーチミン市にて、産学共同による海外インターンシップを実施。エースコックと近畿大学が共同で海外インターンシップを実施するのは今回が初。学生たちは現地の大学生と協力して、カップ麺の普及率が低いベトナムでの市場開拓に挑戦する。

 ベトナムは、2015年の1人当たりの即席麺年間消費量が51.9食で世界第2位だった(世界ラーメン協会調べ)。しかし、そのうちカップ麺の割合は2%ほどで、ベトナムの即席麺市場でシェア5割以上を誇るエースコックベトナム社では、カップ麺市場の開拓を目指しているのだという。

 今回の海外インターンシップでは、学生に「ベトナムでカップ麺市場を創造せよ!」というミッションを与え、選抜された近畿大学の2・3年生16人が、現地のホーチミン市オープン大学の学生と協力してこの課題の解決に挑戦。マーケットで視察・アンケート調査などのリサーチ活動を行い、マーケティング戦略を立案してエースコックベトナムの担当者にプレゼンテーションを行うという。学生たちはこのインターンシップを通じて、問題解決能力やコミュニケーション能力を身につける。

 一行は、2016年8月22日に関西国際空港を出発し、現地で、ベトナムでのビジネスや日系企業について学ぶ講演会の聴講、エースコック工場見学などをした後、ベトナムの学生を含めたグループにわかれて、市場調査などを行う予定。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。