法政大学(田中優子総長)は、持続可能な大学運営を展望する「法政大学長期ビジョン(HOSEI2030)」の一環として、「法政大学憲章」と「法政大学ダイバーシティ宣言」の制定し、同大学の公式ウェブサイトで発表した。

法政大学は、2030年に創立150周年を迎える。急激に社会環境が変化する中、長期的視野から持続可能な大学運営を展開するため、2030年を展望する「法政大学長期ビジョン(HOSEI2030)」の策定に取り組んでいる。その先駆けとして、今後の方向性や理念を明らかにする「法政大学憲章」と「法政大学ダイバーシティ宣言」を制定した。

同大学では1年半をかけて、「ブランディング戦略」を検討。大学の原点と方向性を見失わず、教育と研究の理想を創造的に追求し続け、社会的責任を果たしていく方向性を探ってきた。学内での議論を経て、これからの時代に向けて果たすべき役割と個性、社会に向けた同大学の「約束」を掲げた「法政大学憲章」を制定した。今後は、この「自由を生き抜く実践知」を教育・研究の基本に据え、ミッション、ビジョン、スーパーグローバル大学構想の一体的な実現を目指す。

また、グローバル化、リカレント化といった社会環境の変化のもとで、長期的視野に立って生き抜くために、大学は多様性と柔軟性を有し、創造的で革新的な場となる必要がある。そのため、これまで以上に積極的に環境整備を進め、より多様な学生・教職員を受け入れ、それぞれの個性的な成長と活躍の機会を保障するために、「ダイバーシティ宣言」に至った。

参考:【法政大学】法政大学憲章

法政大学
housei

「自由と進歩」 時代に応える自立型人材を育成

法政大学では、建学以来「自由と進歩」の精神を培ってきました。現在は15学部38学科からなる幅広い学問分野を擁する日本有数の総合大学となっています。自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。