東京大学、会津大学、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター、ソラミツ株式会社は、2016年秋から会津地域でブロックチェーン技術を活用した地域通貨の実証研究を行う。

 ブロックチェーンとは、一つの場所ではなく、世界中に点在するコンピューターにデータを分散することでデータの改ざんなどを不可能にする仕組みで、ビットコイン(デジタル通貨)の基盤技術として考案され、発展してきたもの。過去から現在までの取引情報を集約・連結することで取引の証明を容易に行えるなどの特徴を持っている。

 ブロックチェーンは、ビットコインをはじめとする暗号通貨の形で経済取引に新たなチャネルを生み出しつつある一方、台帳管理や情報の正当性確認などあらゆる情報流通に応用できる可能性があり、様々な革新的サービスを生み出すことが期待されている。中でもデジタル通貨は、地域をはじめ様々な範囲で新たな通貨を発行することが可能であり、スマートコントラクト(自動実行される契約)などの機能と組み合わせることで、新しいサービスを作り出せる可能性がある。

 4者は2016年6月20日に共同研究契約を結んでおり、2016年秋から行う実証実験では、東京大学が全体統括、経済・制度に関する研究、会津大学はブロックチェーン技術利用に関する研究を担当するなど役割分担し、独自の地域通貨を実現するシステムを試作するという。

東京大学
東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。