横浜国立大学、株式会社商船三井、商船三井システムズ株式会社※は、「海運ビッグデータの分析と活用」に関する共同研究契約を締結した。

 商船三井システムズ株式会社は、商船三井グループ内のシステムとネットワークの構築、およびこれらの保守、維持などを担っている。今回、共同研究を行うのは横浜国立大学大学院環境情報研究院 長尾智晴教授。AI分野における日本国内有数の研究者として知られる長尾教授は、進化計算法に日本で初めて着目し、様々な開発を行ってきた世界トップクラスの専門家。銀行・金融機関等との時系列変動予測、自動車の知能化のための研究等、これまで120社を超える企業との共同研究等の実績を有している。

 共同研究では、人工知能(AI)を用いて経済や海事に関するデータを解析し、海運市況や燃料油価格を精度高く予測することを目指す。加えて、順次新たな研究を行い、経営支援ツールの開発を進めていく予定。

 

横浜国立大学

人々の福祉と社会の持続的発展に貢献するため実践的学術の国際拠点を目指します。

1949(昭和24)年に4つの学校が母体となって横浜国立大学は誕生しました。現実の社会との関わりを重視する「実践性」、新しい試みを意欲的に推進する「先進性」、社会全体に大きく門戸を開く「開放性」、海外との交流を促進する「国際性」の4つを理念とし世界をフィールド[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。