国際医療福祉大学は、2016年9月16日、ミャンマー保健スポーツ省と、2017年4月に成田市に新設する医学部に優秀なミャンマー人学生が留学するための特別奨学金制度設置についての合意書を締結。成田キャンパス内で開かれた調印式には、ミャンマー政府のミン・トゥエ保健スポーツ相と国際医療福祉大学の高木邦格理事長が出席した。

 特別奨学金制度は、ミャンマー保健スポーツ省が推薦する学生を国際医療福祉大学が最終選考し、合格者2名までに対し、医学部を卒業するまでの6年間、入学金や授業料、教材費、生活費など1人当たり計3,000万円の奨学金を供与するというもの。ミャンマー側からはさらに、ミャンマー教育省が推薦する学生から2名を選抜し、同様の奨学金を与える予定。

 この制度は、ミャンマー人学生が日本の医学を学び、母国ミャンマーの保健医療分野の発展に寄与することが目的。そのため奨学生には日本の医師国家試験合格や日本と母国で、医師として6~9年間勤務することが義務付けられる。

 調印式後、ミン・トゥエ保健スポーツ相は「このような温かい援助をいただき、心の底から喜んでいます。これを機にミャンマーと国際医療福祉大学およびグループの関連病院との関係が一層、深まることに願っています」と大学に感謝の意を表明。これに対し、高木理事長は「新設医学部の卒業生がミャンマーで活躍され、医療事情の向上にお役に立てるなら、とても光栄なことです。今回の調印を励みに、世界水準を上回る医学教育にまい進していきたい」と述べた。

 2017年4月、成田市に新設される医学部では、1学年の定員140名のうち、アジア各国などから優秀な留学生20名を受け入れ、アジアの医学界に貢献できる人材を育成する計画。今回のミャンマー人留学生に対する奨学金もその計画の一環。国際医療福祉大学ではミャンマーのほか、すでにベトナムとモンゴルの留学生計7名を選考し、医学部奨学金を与えることを決めている。今後、カンボジアやインドネシアなどアジアの他の国々でも現地の政府・大学と協力し、同様の制度を始める予定だという。

 

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。