科学技術振興機構は、2016年9月18・19日に平成28年度「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」全国受講生研究発表会を一橋大学で開催。審査の結果、優秀賞16件を決定した。

 「グローバルサイエンスキャンパス」は、科学技術振興機構が平成26年度から推進している事業。参画大学がそれぞれテーマを掲げて中高生(主に高校1・2年生)を募集し、地域の才能を、将来グローバルに活躍できる科学技術系人材に育てることを目的に行っている。

 3回目となる今回の発表会では、全国15大学から受講生約100名が参加し、計53件のポスター発表が行われた。
その中で次世代の科学者に求められる科学的探究能力の獲得度合い、研究の専門的達成水準のほか、研究の意義や貢献を適切にアピールできる力が審査され、生物の部6件、化学の部2件、数学・地学・環境・物理の部2件、工学・情報の部3件、総合・その他の部3件の計16件が優秀賞に選ばれた。

 グローバルサイエンスキャンパス推進委員会委員長、坂口謙吾東京理科大学嘱託教授は「3年目を迎え、研究内容もプレゼンテーション力も確実に向上してきた。受講生は、研究手法はもちろんのこと、自分で考えやってみるという研究者としての基本姿勢を身につけてきた」と評価。今後更なるレベルアップと、このプログラムの卒業生が将来一流の研究者になってくれることを期待すると述べた。

 優秀賞を受賞した発表者のうち、数名は11月5日サイエンスアゴラ2016で研究者とのトークセッションに参加する予定。

参考:【科学技術振興機構】平成28年度 全国受講生研究発表会 優秀賞一覧

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。