研究成果の記事一覧

史上最大の生物絶滅、土壌流出と海の酸素不足が一因 東北大学

 2億5,200万年前のペルム紀末に起きた史上最大の生物大絶滅が、地球規模の土壌流出と浅海無酸素化が […]

東京工業大学が病原性ウイルスを電気的に検出する仕組み考案

 デング熱やエボラ出血熱など、ウイルスを原因とする感染症が世界各地で問題になっているなか、東京工業大 […]

脳の情報伝達系の新メカニズムを数理モデルが正確に予測 金沢大学など

 金沢大学と北海道大学、九州大学の共同研究グループは、数理モデルのシミュレーションを実験的に検証する […]

世界初、「光格子時計」で標高差5cmの測定精度を実現 東京大学など

 東京大学の香取秀俊教授らの研究グループは、相対性理論を応用し、2地点に設置した「光格子時計」の時間 […]

新規向精神薬の探索法を開発 京都大学と福岡大学

 京都大学と福岡大学などの共同研究チームは、ガンマアミノ酪酸(GABA)を識別し情報を伝達するタンパ […]

日本語と英語、脳内ネットワークの活性に違い 熊本大学と札幌医科大学ほか

 熊本大学の積山薫教授、札幌医科大学の篠崎淳助教、国際電気通信基礎技術研究所らの研究グループは、対面 […]

「またいとこ」までわかる新しい血縁鑑定法を開発 京都大学

 京都大学医学研究科玉木敬二教授らの研究グループは、口腔内細胞のDNAを用いて、これまでは親子・兄弟 […]

パーキンソン病発症に重要なタンパク質の構造解析に成功 大阪大学など

 大阪大学と高輝度光科学研究センター(JASRI))らの研究グループは、パーキンソン病発症の鍵を握る […]

解像度100mの精度でゲリラ豪雨を詳細予測、大阪大学など

 理化学研究所(理研)と情報通信研究機構(NICT)、大阪大学などの国際共同研究グループは、スーパー […]

細菌が宿主を「操作」する仕組みを解明 東北大学

 約半数の昆虫に感染しているとされる共生細菌「ボルバキア」。感染している宿主の雌の卵に入り込むことで […]
  1. 1
  2. 73
  3. 74
  4. 75
  5. 76
  6. 77
  7. 125