研究成果の記事一覧

毒ヘビ被害、エルニーニョで増える?長崎大学の報告

蛇咬症(毒ヘビによる中毒)は、世界中の農村地域で多く発生しており、年間で250万人が被害を受け、うち […]

北海道大学など 化学反応の行き先を切り替えるスイッチを発見

 北海道大学の小松崎民樹教授らは奈良女子大学、東北大学と共同で化学反応の結果できる物質を切り替えるス […]

大阪大学 しなやかに動く子供型ロボットの骨格を開発

 大阪大学の浅田稔教授を中心とする研究グループは子供型ロボット「Affetto(アフェット)」の基本 […]

できたての恒星がガスの竜巻放出、鹿児島大学が確認

原始星と呼ばれるできたての恒星が竜巻状に回転する高速ガス流を放出していることを、鹿児島大理工学域の半 […]

東京工業大学 藻類のオイル生産のスイッチを発見

 東京工業大学の今村荘輔准教授、田中寛教授らの研究グループは微細藻類のオイル生産のON/OFFを決定 […]

中央大学、大阪大学など 細胞内を移動するタンパク質の姿を捉えることに成功

 中央大学の今井洋助教、大阪大学の昆隆英教授らの研究グループは細胞内で物質輸送を行うタンパク質モータ […]

大阪市立大学 光感覚の進化のカギとなる遺伝子を魚類で発見

 大阪市立大学の寺北明久教授らの研究グループは魚類を用いた研究で、「光の色の識別」と「光による生体リ […]

大阪大学のダ・ヴィンチアンドロイド、ミラノと大阪に登場

大阪大学の浅田稔教授はアンドロイド開発技術を駆使してレオナルド・ダ・ヴィンチを作製しました。万博開催 […]

慶応義塾大学、医師国家試験問題を解答する人工知能プログラム開発

慶応義塾大学理工学部の榊原康文教授と医学部の研究グループは、静岡大学情報学部の狩野研究室などと共同で […]

血中乳酸値を制御する新メカニズム解明―慶應義塾大学

心不全、敗血症などの重篤なショック状態により血中乳酸値が上昇し、血液が著しく酸性に傾くことで引き起こ […]
  1. 1
  2. 77
  3. 78
  4. 79
  5. 80
  6. 81
  7. 90