前稿はこちら→「アクティブラーニングに座学は必要か

アクティブラーニング(AL)という言葉が広まってからというもの、筆者が個人的に不思議に思っていることがある。それは、「学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称」をALというときに、能動的に「させる」のがALなのか、それとも、「もともと能動的な」学修者を指導するのがALなのかという疑問である。仮に前者だとすれば、本来内発的に生じるはずの能動性を指導者側が外発的に「させる」といっている時点で、語義矛盾になるのではないかというのが、筆者が抱いている根本的疑問である。

 「ALでは意欲の低い受講生に講義に能動的に参加させるためにどうすれば良いのか」という疑問を筆者に投げかけてきている方々が抱いているのも、もしかするとこのような根本的な矛盾を意図しているのかもしれない。この疑問に対する筆者なりの解として筆者が常に学生に伝えているのは、「頑張るのは学生の責任。頑張り甲斐のある場を提供するのは教員の責任」というメッセージである。

筆者が担当する大規模教室における講義では、それほど意欲に溢れず、2単位がとれればそれで良いという学生もいるようだ。そういった学生に対して「~しなさい」と言うようなことはしない。試験結果さえ筆者が課す一定レベルの水準に達していたなら、それで単位を出すようにしている。逆に、貪欲に色々な知識を吸収しようという学生に対しては、良書を薦めたり、更なる学びの機会を与えるようにしている。ポイントは、そこで「もっと学びたい」と思ってもらえる「何か」を私自身が提供できるかどうかということに尽きる。

受講生が3桁を超えるようになると、全員が全員、非常に高い水準の意欲を持っているということは稀である。そのため、下限だけは明確に定めておいて、上限は受講生(その人)次第というスタンスをとっている。実際、かつて、「成績には反映させないが、提出されたものには全てコメントを添えて返却する」と事前に伝えてレポートを課していたことがある。自分のレポート作成能力や専門知識を伸ばしたいと思う学生だけ提出すれば良いと判断したためだ。200名ほどいた受講生のうち、提出者は平均すると10名程度だった。もちろん、提出されたレポートには懇切丁寧にコメントを書いたのは言うまでもない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
中京大学
img_chukyo

深い知識と幅広い教養を兼ね備えた人材を育成。多彩な個性が集結する11学部18学科の総合大学

11学部18学科を擁する全国有数の総合大学。年間600名以上の海外留学生、就職率97.6%、過去5年間全公務員試験合格者数2,700名以上など高い実績を誇ります。 “経験”を通じ可能性と将来像を描く「気づき」の場。ビジョン実現に必要な専門性を身につける「学び[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

坂田 隆文

坂田 隆文

中京大学総合政策学部教授、博士(商学)、中京大学教育推進センター委員会能動的学修検討部会部会長。名古屋大学、名古屋市立大学、金城学院大学非常勤講師。マーケティング戦略論、流通論、商品企画論を主な専門とし、「面白さ」と「わかりやすさ」と「有益さ」という3つを重視した講義・研修で定評がある。近著に『1からのリテール・マネジメント』(共編著、碩学舎)、『1からの商品企画』(共著、碩学舎)がある。近年では名古屋で若手企業人を集めた異業種交流勉強会を主宰するなど、活動の場を広げている。詳細は担当ゼミHP(http://www.sakataseminar.jp/)にて。