社会のニーズを受け2015年に誕生「国際教養学部」

 「実学」を教育理念に掲げる千葉商科大学は、1928年設立という長い歴史を持つ伝統校。商学を軸にスタートしていることから、常に社会の動きに敏感に反応し、ニーズに合わせた進化を遂げてきた。急速に進むグローバル化の波に柔軟に応えることのできる人材育成は急務と考え、2015年には国際教養学部が誕生。真骨頂である実学教育や、長年取り組んできた諸外国の教育機関とのネットワークを活かし、徹底したアクティブラーニングを実践している。 この国際教養学部の特徴的な学修スタイルの1つに“海外フレッシュマンキャンプ”がある。その教育制度を探ってみた。 入学式終了後に成田空港へ。

いざ、ベトナムへ出発!

 入学式当日、新入生は式を終えたその足でスーツケースとともに成田空港に向かい、3泊5日の海外研修へ旅立つ。この研修が“海外フレッシュマンキャンプ”だ。2015年は中国・上海、2016年はベトナム・ホーチミンに飛んだ。 1_DSC01688

 国際的な教養を身につけるためには、まずはカルチャーショックを受けること。著しく成長を遂げるアジア諸国の勢いを、18・19歳の若いうちに肌で感じることは、重要な意味を持つ。現地の人々とコミュニケーションを図ることで、異文化に触れる喜びや楽しみを知ることができるからだ。もう1つは学びの意欲を高めること。コミュニケーションを取ろうにも、実際は思った以上に上手くいかない。現地の学生とコミュニケーションすることで語学の壁を感じ、日本について聞かれても答えることができないなど、自分に足りない点に気づき、学修意欲が高まるキッカケになるのだ。

<2016年 海外フレッシュマンキャンプinベトナム プログラム>

1日目:

  • 入学式終了後、成田空港へ。夜、ホーチミンに到着。ホテルへ。

2日目:

  • クチトンネル、統一会堂を見学。ベトナム戦争の歴史を学ぶ。
  • ドンコイ通りフィールドワーク。食文化や伝統工芸品など現地の文化に触れる。
  • 現地ジャーナリスト迫田氏講話。日本人目線で見たベトナムについて話を伺う。

3日目:

  • 在ホーチミン日本国総領事館 訪問。副領事に両国の関係、在外公館の役割・海外で働く意義を学ぶ。
  • メコンデルタの自然や現地の人々の生活を垣間見る。

4日目:

  • JICA海外事業現場訪問。所長から日本の国際協力の実態などの話を伺う。
  • ベトナム国立貿易大学の学生と交流会。現地学生との交流を深める。

5日目:

  • 帰国

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
千葉商科大学

「やってみる、という学び方。」で、社会に出てから必要とされる実学を身につけよう

創立以来、社会で役立つ実学を学問の中心に据えています。座学に加え「やってみる、という学び方。」を推進していることが特徴です。経験と理論・知識の両輪で人を育て企業が求める力を身につけた人材を輩出します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。

大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。