学生にとことん親切なプログラム、カリキュラムとは何かを追求

京都橘大学は、開学50周年を迎える2017年にあわせ、6番目の学部となる国際英語学部(設置届出中)を設置します。学部長に就任予定で、現在人間発達学部英語コミュニケーション学科で教えるアンガス、ノーマン(ANGUS, Norman James)先生は、イギリスの大学を卒業後すぐに来日。これまで様々な大学で英語教育に携わってこられました。日本の大学英語教育をよく知る先生が牽引される国際英語学部とは。流暢な日本語で、表情豊かに熱く語ってくださいました。

 

私を本気にさせた二つのエピソード

 「グローバル化が進むこれからの時代を、日本の若い人が専門的な実力と自信をもって、不安なく生きていけるように手助けをしていかなければならない」という思いで新学部の設置にかかわっていますが、こう思うには二つのきっかけがあります。

 一つは、スリランカ、パラグアイ、エストニアなどからの留学生を教える授業で、非英語圏出身の彼らの英語力の高さにとても驚かされたことです。イギリスの大学でネイティブスピーカーの学生を相手に講義するのと同じレベルの単語を使い、スピードも変えなくても、みなきちんと理解するのです。日本の大学生の英語力と、世界の大学生の英語力との差に愕然とするとともに、日本の教育現場は世界から取り残されていると痛感しました。しかも取り残されているという認識が低いことも、問題だと思いました。

 もう一つは一年生の授業で、ある質問をしたときのことです。日本人学生は日頃、積極的に発言したり、挙手したりしないものですが、この時ばかりは、男子も、女子も全員がためらうことなく手を挙げたのです。私の質問は、「みなさんは将来に不安を覚えていますか」というものでした。教育に携わる者として、これはのんびりしている場合ではない、彼らの危機感をいい方向につなげていく方法を早急に確立しなければいけない、と強く思いました。高額な学費をいただいているわけですから、大学は英語に限らず、現代社会に適応する能力、資質を4年間で確実に身に付けてもらうようでなければ、使命を果たしているとは言えないのです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
京都造形芸術大学
京都造形芸術大学

学年・学科の枠にとらわれない実践的な教育で「社会を動かすクリエイター」を育成

13学科22コースを有する国内最大規模の総合芸術大学。「芸術立国」という建学精神のもと、アート・デザインの力で社会を動かす人材を育成することを教育目標に、社会と芸術の関わりを重視し、「生きる基礎力をつける」「実社会を学びの場にする」ことを機軸にした人間力教育を[…]

京都府立大学

京都に根ざした魅力的で個性ある京都府立大学の創造に向けて、新たな飛躍を目指す。

京都府における知の拠点として、広く人文・社会・自然の諸分野にわたる真理を探究し、教育することを目指します。 豊かな知性と教養、論理的思考力と高度な専門能力を備え、社会への責任感を持ち、地域社会と国際社会の持続可能な発展に貢献できる人材を育成します。[…]

京都工芸繊維大学

「知と美と技」を探求する学風。 バイオ、材料、電子、情報、機械、環境、建築・デザインなど幅広い分野で、ものづくりを基盤とした「実学」の教育を行う。

豊かな人間性にもとづく技術の創造を目指して技を極め、人間の知性と感性の共鳴を求めて知と美の融合を目指し、教育研究の成果を世界に発信します。 千年の歴史をもつ京都の文化を深く敬愛するとともに、変貌する世界の現状を鋭く洞察し、環境と調和する科学技術に習熟した国際[…]

京都教育大学

「人を育てる知の創造と実践を担う大学」 高い倫理観や人権意識を持ち、優れた資質・能力を有する教員養成を目指す。

教育学部を擁する単科大学として、深い研究を通した質の高い教育を為すとともに、教育に関する新しい知の創造と実践によって地域及び国際社会に貢献します。そして責任と使命を自覚した実践力のある教員及び広く教育に携わる専門家を養成することを目指します。[…]

京都大学
京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。