北里大学の記事一覧

寒冷地域には、痩せ型遺伝子を持つ人々が多い 九州大学と北里大学

 九州大学と北里大学の共同研究グループは、UCP1遺伝子(肥満症に関連する遺伝子)のタイプによって、 […]

世界で初めて受精卵のエピゲノム編集に成功、遺伝子治療への応用期待 近畿大学など

 近畿大学、北里大学、東京工業大学の研究グループは、「エピゲノム編集技術」によりマウス受精卵にDNA […]

エイズウイルスの細胞間伝播に関わる宿主タンパク質を発見 横浜市立大学など

 横浜市立大学の梁明秀教授、宮川敬助教らの研究グループは、エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(H […]

北里大学、体操評価ロボットシステムの実証実験に着手

 北里大学医療衛生学部の高平尚伸研究室は、株式会社シャンティと共同で、「体操評価付き健康啓発ロボット […]

おたふくかぜの感染の仕組み解明 九州大学ほか

九州大学などの研究グループは流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスが人へ […]

福島県の野ネズミの生殖細胞について放射線の影響を調査 北里大学ほか

 東日本大震災では、福島第一原発事故により、大量の放射性物質が放出された。これらのうち30年という半 […]

脱毛疾患や火傷治療に期待、iPS細胞から皮膚器官系を再生 北里大学ら

 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から毛を生み出す「毛包」などを含む皮膚組織を丸ごと再生したこ […]

セキセイインコの発声行動と脳の働き方に性差 北里大学、日本女子大学

 北里大学の佐藤亮平講師と元日本女子大学理学部(現人間総合科学大学人間科学部)の藤原宏子講師らの研究 […]

「食と健康のつながり」農医連携シンポジウム開催 北里大学

 北里大学(東京都港区)は、2015年11月29日に第11回農医連携シンポジウム「食と健康のつながり […]
  1. 1
  2. 2