がん治療の記事一覧

血液サンプルだけで73のがん遺伝子を解析、東京医科歯科大学が国内第1号検査

 東京医科歯科大学医学部附属病院では、米国企業Guardant Health(ガーダント・ヘルス)社 […]

富士通研究所がトロント大学と戦略的パートナーに

 富士通研究所(川崎市、佐々木繁社長)は、カナダのトロント大学と戦略的パートナーシップを締結、量子コ […]

100年来の謎、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明 慶應義塾大学など

 慶應義塾大学の曽我朋義教授らの研究グループは、香川大学、国立がん研究センター、愛知県がんセンター研 […]

北海道大学、イヌのがん治療に有効な免疫チェックポイント阻害薬を開発

 北海道大学動物医療センターの高木哲准教授、同大学院獣医学研究院の今内 覚准教授及び賀川由美子客員教 […]

東京大学とライザップが共同で臨床試験を開始

 東京大学医学部附属病院22世紀医療センター 肥満メタボリックケア(社会連携講座)は、 東京大学とラ […]

東北大学とコニカミノルタ、検出感度300倍以上のがん組織診断法開発

 東北大学大学院医学系研究科の権田幸祐教授らの研究グループは、コニカミノルタ株式会社と共同で、がんの […]

プラズマ投与に播種性のがん進行抑制効果、名古屋大学が可能性示す

 名古屋大学の共同研究チームは、マウス腹腔内に散らばったがん細胞に対しプラズマ活性溶液を腹腔内に投与 […]

乳癌治療、術後のカペシタビン投与で予後の改善 京都大学

 京都大学の研究グループは、乳癌の手術後に行う標準的な化学療法に抗がん剤の一種であるカペシタビンを追 […]

世界初、がん細胞の関連タンパク質を狙い撃ちする化合物を開発 九州大学ら

 九州大学生体防御医学研究所の福井宣規主幹教授、宇留野武人准教授らの研究グループは、東京大学大学院薬 […]

がんの根治へ、有力な治療モデル開発 慶應義塾大学

 現在の投薬がん治療では、大部分のがん細胞を殺傷することができても、わずかに残ったがん細胞による再発 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4