がん治療の記事一覧

がん増殖を阻害、世界初のゲノム編集応用技術を開発 川崎医科大学と広島大学など

 川崎医科大学の深澤拓也准教授と広島大学の佐久間哲史講師、国立がん研究センター研究所の牛島俊和分野長 […]

京都大学が患者がん由来の鶏卵モデルの有効性を確認、がん個別化医療に可能性

 京都大学の玉野井冬彦特定教授らの研究グループは、鶏卵の中にヒトの患者由来の卵巣がんを再現することに […]

京都大学が開発した抗ウイルス薬、子宮頸がんの新規治療法となるか

 子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染により生じるウイルス性のがん。子宮頸部の上皮組 […]

中部大学と第一三共など、がん温熱療法で共同研究

 中部大学と名古屋市立大学、製薬大手の第一三共、三菱UFJフィナンシャルグループのベンチャーキャピタ […]

千葉大学と東芝 AIによる胃がんの転移診断を共同研究  

 千葉大学フロンティア医工学センター 林秀樹教授、医学研究院先端応用外科学 松原久裕教授らの研究グル […]

大阪大学と滋賀大学、抗がん剤の効きやすさを左右する遺伝子を数理解析で同定

 大阪大学大学院医学系研究科と滋賀大学データサイエンス学部の共同研究グループは、遺伝子の発現量やDN […]

多能性幹細胞を用いた免疫機能再建法、東京大学が国内で特許登録

 東京大学医科学研究所の中内啓光教授らの研究成果から生まれた「多能性幹細胞を用いた免疫機能再建法」が […]

血液サンプルだけで73のがん遺伝子を解析、東京医科歯科大学が国内第1号検査

 東京医科歯科大学医学部附属病院では、米国企業Guardant Health(ガーダント・ヘルス)社 […]

富士通研究所がトロント大学と戦略的パートナーに

 富士通研究所(川崎市、佐々木繁社長)は、カナダのトロント大学と戦略的パートナーシップを締結、量子コ […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 5