がん治療の記事一覧

乳がん患者自身の脂肪幹細胞で乳房再建 関西医科大学が臨床研究

 関西医科大学形成外科学講座で、楠本健司教授、覚道奈津子講師らの研究チームが患者自身の脂肪幹細胞を用 […]

正常細胞ががん細胞を排除する仕組みを解明、新規治療法の可能性 京都大学

 京都大学の井垣達吏教授らの研究チームは、Sasと呼ばれる細胞表面タンパク質ががん細胞の排除に必要で […]

岡山大学、腫瘍融解ウイルス製剤をがん細胞へ選択的に運搬する技術を開発

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)と岡山大学病院新医療研究開発センター、林原の共同研究グループ […]

抗がん剤をがん細胞だけに送る新技術開発、京都府立医科大学

 京都府立医科大学の鈴木孝禎教授らの研究チームは、がん細胞の中だけで抗がん剤を放出する分子技術を開発 […]

がん細胞を殺す強力なキラーT細胞をヒトiPS細胞から再生 京都大学

 京都大学の河本宏教授、前田卓也特定研究員らは、ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷する能力を持つキラー […]

世界初 難治性スキルス胃癌の治療法を開発、膵癌などに応用可能 大阪市立大学

 大阪市立大学のグループは、予後が極めて悪いとされるスキルス胃癌の難治性の原因を世界で初めて解明し、 […]

皮膚がん治療薬が移植時の免疫異常とがん再発を抑制、世界初の発見 佐賀大学

 佐賀大学医学部の進藤岳郎助教らの研究グループは、皮膚がん治療薬トラメチニブが、白血病などの血液がん […]

肝臓がんの抑制に成功、新化合物で治療薬開発へ 新潟大学など

 新潟大学大学院医歯学総合研究科分子遺伝学の小松雅明教授、斎藤哲也特任助教らは、肝細胞がんが増殖する […]

膵がんと肺がんを悪化させる因子を発見 診断薬開発に期待 大阪大学

 早期発見が難しい膵がんや肺がんなど「難治がん」におけるがん促進因子を大阪大学大学院医学系研究科・菊 […]

森ノ宮医療大学が「乳がん」テーマに市民公開講座開催

 森ノ宮医療大学は19日、大阪府立急性期・総合医療センターと連携し、大阪市住之江区の同校で「乳がん」 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3