がん研究の記事一覧

世界で初めて受精卵のエピゲノム編集に成功、遺伝子治療への応用期待 近畿大学など

 近畿大学、北里大学、東京工業大学の研究グループは、「エピゲノム編集技術」によりマウス受精卵にDNA […]

正常細胞ががん細胞を排除する仕組みを解明、新規治療法の可能性 京都大学

 京都大学の井垣達吏教授らの研究チームは、Sasと呼ばれる細胞表面タンパク質ががん細胞の排除に必要で […]

悪性脳腫瘍の発症メカニズムを解明、東京農工大学など

 東京農工大学の泉川桂一助教と高橋信弘教授、首都大学東京の礒辺俊明特任教授らの研究グループは、RNA […]

世界初、がん幹細胞による腫瘍内血管の形成を証明 岡山大学

 岡山大学の妹尾昌治教授らの研究グループは、がん幹細胞が血管の細胞へ分化して腫瘍内で血管系を形成する […]

乳がんを抑制する新たな遺伝子を発見 東京工業大学

 東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究ユニットの駒田雅之教授らは、マウスを用いた実験で […]

細胞老化の制御遺伝子を同定、新規抗がん剤・抗老化剤開発へ 神戸大学ほか

 神戸大学と国立がん研究センター研究所の研究グループは、濃度の異なる抗がん剤で処理した肝がん細胞の応 […]

脂肪の「錆び」が癌化を促進することを発見 九州大学

 九州大学大学院薬学研究院の山田健一教授らの研究グループは、体内の脂肪が酸化される際に生じる「脂質ラ […]

大腸腫瘍を培養皿で「ミニチュア化」 新薬開発に期待 慶應義塾大学

 慶應義塾大学は、ヒトの大腸腫瘍を体外で完全増殖することに成功し、患者体内の腫瘍と同じ性質を持つ「腫 […]

世界初、ハダカデバネズミからiPS細胞作製 長寿とがん予防へ 北海道大学ほか

 北海道大学遺伝子病制御研究所の三浦恭子講師、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らの研究グル […]

蛍光性色素に代わる新しい色素を開発、慶應義塾大学と筑波大学

 慶應義塾大学医学部薬理学教室の安井正人教授らは、筑波大学数理物質系の新井達郎教授らと共同で、細胞膜 […]
  1. 1
  2. 2