九州大学らの研究グループは、ひきこもり傾向に関連する血中バイオマーカーを発見したことを発表した。