リチウムイオン電池の記事一覧

熱起電力が材料の熱膨張で決定、有望な電極材料の発見 筑波大学

 筑波大学学際物質科学研究センター守友浩教授の研究グループは、低コスト電池材料であるコバルトプルシャ […]

廃棄物で電池を高性能化、充放電800回でも容量維持 東北大学と大阪大学

 東北大学多元物質科学研究所の西原洋知准教授、京谷隆教授、大阪大学産業科学研究所の松本健俊准教授、小 […]

リチウムイオン2次電池、東北大学が量産技術確立、電気自動車に期待

 東北大学未来科学技術共同研究センターの長谷川史彦教授の研究グループは、リチウムイオン2次電池の少量 […]

水をつかった安全なリチウムイオン電池開発を促進 東京大学

 東京大学大学院工学系研究科のグループは、科学技術振興機構、物質・材料研究機構との共同研究により「水 […]

山形大学、電池開発のベンチャー企業を設立

 山形大学は、リチウムイオン電池の開発を行うベンチャー企業「株式会社飯豊電池研究所」を設立した。

リチウムイオン電池内の反応不均一性を可視化、京都大学など

 京都大学の内本喜晴教授、折笠有基助教((現立命館大学准教授)らの研究グループは、立命館大学などと共 […]

防虫剤から? 容量2倍超、リチウムイオン電池の電極材料を東北大学が開発

 東北大学原子分子材料科学高等研究機構の磯部寛之主任研究者らの研究グループは、全固体リチウムイオン電 […]

世界最高の超イオン伝導体発見、高出力全固体電池を開発 東京工業大学ほか

東京工業大学大学院総合理工学研究科の菅野了次教授、トヨタ自動車の加藤祐樹博士、高エネルギー加速器研究 […]

NIMS、東京理科大学 新規スピントロニクス素子を開発

 物質・材料研究機構(NIMS)、東京理科大学の研究チームは従来のスピントロニクス素子よりも低電流で […]

高温下で使える電池の基礎技術、東北大学など開発

東北大学と日立製作所は、気温150度の環境下で動作するリチウムイオン2次電池の基礎技術を開発しました […]
  1. 1
  2. 2