健康の記事一覧

東北大学とオムロンヘルスケアが5千人規模の共同研究、検査値と病気との関連性解明へ

 東北大学の東北メディカル・メガバンク機構とオムロンヘルスケア株式会社は、日常生活のモニタリングで得 […]

家庭の教育歴で虫歯の健康格差拡大、東北大学調べ

 未就学児の虫歯治療経験が親の教育歴が低い家庭ほど高くなっていることを、東北大学大学院歯学研究科の相 […]

温暖化に影響、黒色酸化鉄粒子による大気加熱効果を発見 東京大学など

 東京大学大学院理学系研究科の茂木信宏助教らの研究グループは、気象庁気象研究所、国立極地研究所と共同 […]

サプリの摂取により、疲労しにくい筋肉が増える可能性 九州大学

 九州大学大学院農学研究院の辰巳隆一准教授、水野谷航助教、中村真子准教授らの研究グループは、筋肉にお […]

音楽聴取時の「気分」から自律神経の変化パターンを予測 大阪市立大学

 音楽を聴くことで、安心・リラックスしたりして、自覚的な疲労感が軽減されることがある。しかし、疲労感 […]

「にゃん歩計」でヘルスケア 東京大学、筑波大学とスマイルラボ

 東京大学大学院薬学系研究科の新井洋由教授、筑波大学医学医療系ニュートリゲノミクスリサーチグループの […]

唾液中の細菌も24時間のリズムを刻む 早稲田大学など

 早稲田大学の服部正平教授と東京大学大学院の高安伶奈博士課程学生らを中心とする共同研究グループ(他に […]

褐色脂肪組織の可視化に進展 北海道大学と東京大学など

 メタボリックシンドロームによる健康障害が社会問題となっている昨今、脂肪を燃焼させて熱を産生する機能 […]

メタボリックシンドロームの要因に硝酸塩欠乏 琉球大学

 琉球大学大学院医学研究科薬理学の筒井正人教授、大学院生の喜名美香氏、坂梨まゆ子助教らの研究グループ […]

大阪大学、個人の睡眠パターンを可視化・評価するAI技術を開発

 大阪大学産業科学研究所の福井健一准教授と同大学歯学研究科・加藤隆史 教授らの研究グループは3月24 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6