再生医療の記事一覧

東京大学、薬剤だけで多能性幹細胞から三次元的に骨様組織を作製することに成功

 東京大学は、薬剤のみを用いてマウス多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から三次元的に骨様組織を作製 […]

他人のiPS細胞で世界初の移植手術を実施 大阪大学など

 神戸市立医療センター中央市民病院は、大阪大学大学院医学系研究科、京都大学iPS細胞研究所、理化学研 […]

げっ歯類の前歯が伸び続けるための原因物質を発見

 東北大学大学院歯学研究科(福本敏教授)および九州大学大学院歯学研究院(吉崎恵悟助教)らのグループは […]

岡山大学がイヌの歯の再生に成功、ヒトの歯の再生治療の実現可能性を証明

 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の窪木拓男教授、大島正充助教、大野充昭助教、理化学研究所多細胞シス […]

世界初、長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 筑波大学と東京大学

 東京大学大学院工学系研究科の酒井崇匡准教授(バイオエンジニアリング専攻)と筑波大学医学医療系の岡本 […]

人の臓器を持つ動物個体の作製、過半数が「受け入れる」 京都大学が意識調査

 京都大学のiPS細胞研究所 澤井努研究員らの研究グループは、ヒトiPS細胞を用いた「動物性集合胚( […]

ほどほどの炎症は組織の再生に大切 東京工業大学

 外傷や病原体侵入などで生じる炎症は、あまりありがたくないものと考えられてきたが、炎症と組織再生の意 […]

世界初、バイオ3Dプリンターによる神経再生技術を開発 京都大学など

 京都大学医学部を中心とする研究チームは、佐賀大学と株式会社サイフューズとともに、末梢神経損傷に対す […]

造血幹細胞が血液細胞を作り続けるメカニズムを解明 九州大学

 九州大学大学院医学研究院の國﨑祐哉助教とアルバート・アインシュタイン医科大学(米国)の共同研究グル […]

世界初、京都大学とグンゼがヒトES/iPS細胞を大量培養できる「布」を開発

 京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点の陳勇教授らの研究グループは、 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4