再生医療の記事一覧

京都大学が臨床用ヒトES細胞株の樹立に国内で初めて成功

 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 末盛博文准教授らの研究グループは、同所胚性幹細胞分野に設置され […]

魚が完全に皮膚を再生する仕組みを解明 東京工業大学

 魚類やイモリなどの両生類は、驚異的な組織再生能力を持ち、四肢やヒレを失っても元通りの組織を再生する […]

京都大学が開発した人工皮膚が製造承認、細胞治療と同等の効果

 京都大学の鈴木茂彦名誉教授らの研究グループは、従来の人工皮膚を改良した機能性人工皮膚を考案し、動物 […]

損傷した筋肉の再生を促進させるタンパク質 九州大学らが発見

 九州大学の大川恭行教授、原田哲仁助教、前原一満助教の研究グループは、早稲田大学、東京工業大学、徳島 […]

低価格のiPS/ES細胞の培養方法の開発に成功、従来の10分の1に 京都大学

 京都大学の長谷川光一特定拠点講師、吉田則子研究員らの研究グループは、多能性幹細胞(iPS細胞やES […]

急性心筋梗塞を他家Muse細胞の点滴で修復再生治療 岐阜大学と東北大学

 岐阜大学の湊口信也教授の研究グループと東北大学の出澤真理教授の研究グループは共同で、ウサギの急性心 […]

横浜市立大学に現役最年少31歳の教授が誕生

 横浜市立大学は、2018年1月15日付で、現・医学部臓器再生医学准教授 武部貴則さんを、先端医科学 […]

器官を丸ごと作り変える再生現象「決定転換」を担う遺伝子の解明 東北大学

 ショウジョウバエでは、傷やストレスに対する応答として、器官を丸ごと作り変えてしまう「決定転換」とい […]

大塚グループ、大学発バイオベンチャーに10億円出資

 大塚グループの大塚製薬(東京、樋口達夫社長)と大塚製薬工場(徳島県鳴門市、小笠原信一社長)は、大学 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 6